サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカー


ルックス重視の個人的な嗜好で、
’70年代’80年代を中心に世界のスーパーカーを集めてみました。
240ZG 1 500x375 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカー最初は国産車。フェアレディ240ZG。
あまり国内では見かけられなかった車です。
典型的なロングノーズショートデッキのスポーツカーです。
最近では、エンジンを最新のものにスワップして、
レストアを受けた車も売られています。
時価240~400万
toyota2000GT 2 500x375 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーtoyota2000gt 1 500x275 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカー続いては、トヨタ2000GT。
最近では、売りに出されているのもほとんど見かけません。
幻の名車といってもいいでしょう。
歌手の森山良子さんは、若い頃、この車で運転の練習をしたそうです。
stratos 1 500x375 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーstratos 2 500x281 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーランチアストラトス。
ランチアがラリーに勝つために開発したミッドシップマシン。
porsche 964 turbo 2 500x375 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーporsche 964 turbo 1 500x333 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーポルシェのタイプ964のフラッグシップ“ターボ”。
リアフェンダーの膨らみ方がど迫力。
時価560~900万
maserati bora 500x319 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーマセラティ・ボラ。マセラティのミッドシップスーパーカー。
昔、俳優の和田浩二さんが乗っていたのを憶えています。
Exige 1 500x375 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカー現代のロータス、エクシージです。
エリーゼとともに、現代のライトウェイトスポーツの代表です。
走りも期待できますし、スタイルも大好きです。
個人的に欲しい車の筆頭です。
時価270~500万
Lotus Europa 1 500x375 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーロータス・ヨーロッパ。70年代の代表的なライトウェイトスポーツ。
サーキットの狼の風吹裕也の愛車として有名になりました。
時価270~500万
512TR 1 500x363 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカー512TR 2 500x324 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーフェラーリ512TR。
マイアミバイスでドン・ジョンソンが白のテスタロッサに乗っていたが、
その改良版。
時価570~1030万
288GTO 1 500x350 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカー288GTO 2 500x333 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーフェラーリ288GTO。
グループBのホモロゲーション(レースやラリーなどに出るための公認)
取得のために、308GTBをベースに
272台生産されたスペシャルモデル。
Dino 246GT 500x312 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーDino 246GT 2 500x331 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーディーノ246GT。
フェラーリの創業者、エンツォ・フェラーリが、
息子アルフレディーノの名前をつけた名車。
miura SV 1 500x344 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーMiura 21 500x317 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーランボルギーニミウラP400(画像はSV)。
1966年に発表されたこの車は、
ベルトーネにいたマルチェロ・ガンディーニのデザイン。
均整のとれたプロポーションと流れるラインの美しさは、
ディーノとともに、見ていてほれぼれする。
これらをしのぐデザインの車は、
いまだに出てきていないと個人的に思っています。
countach 1 500x375 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーcountach 2 500x375 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカースーパーカーといえば、この車。カウンタック。これもガンディーニのデザイン
時価1980~2380万円
Aventador 1 500x281 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカーAventador 2 500x312 サーキットの狼世代が選ぶ世界のスーパーカー最後は、ランボルギーニの最新モデル、アベンタドール。
ステルス戦闘機みたいで、迫力があってカッコイイです。
乗ってみたいけれど分不相応甚だしい。笑
時価4280~4780万円。
時価と表示してあるのは、car sensor-edge及びgoonetで調べた
現時点のおおよその中古車車両本体価格です。
ざっと並べて、よくよく見てみると、
サーキットの狼に出ていた車が13台中8台もありました。
やはり子供の頃に出会った漫画、
そしてスーパーカーブームの影響を強く受けたことを再認識し、
車好きは、ここから本当に始まったことを思い出しました。

スポンサードリンク
インターネットはフレッツ光